誕生日占いで幸せな人生を過ごすためのヒント

自分らしく幸な人生にするためのヒント、誕生日占いのエンジェルナンバー、スピリチャルナンバーとチャレンジナンバーの解釈や意味、あなたのお誕生日から読み解くメッセージ、日常生活に役立つ情報を発信しています

幸せになるためのヒント

自分の中の正しさ

投稿日:

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。

毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。
その状態からなかなか抜け出す事が出来ずに困っていませんか。

そんなあなたの状態から抜け出すためのヒントが散りばめられています。

毎日を明るく幸せな人生を手に入れるための今日のヒントをお贈りします。

 

みなさんの中で自分の中の正しさは何か解りますか

自分の中の正しさとは、「~はこうあるべき」とか「~しなければならない」とか、「~をやるべきでない」など自分の中の正解を決めていて、その答えを信じて疑わない事。

世間で言われている、常識や当たり前といわれている事が自分の中の正しさとなっている事が多いでしょう。

自分の中の正しさを持てば持つほど、自分の中の正しさという枠の中から出る事が出来なくなってきます。

日常生活の中で、ほとんどが自分が正しい(正解)と思っている事なので、疑う余地もなく自分の中の答えを採用して行動しています。

それも無意識的に。

この自分の中の正しさに気づかないと、正しさの枠から飛び出す事が出来ません。

自分の正しさの枠から飛び出すと、今までと違う答えを採用する事になるので、とても不安になったり、混乱したりします。

何かを決めた時や、行動する時に不安になったり、頭が混乱してくる時は自分の中の正しさを疑ってみましょう。

何かに行き詰ったり、物事が上手くいかない時は、自分の中の正しさを疑ってみましぃう。

自分の中の常識とか、正しさが本当に正しいのかを疑ってみましょう。

疑うことで自分の中の正しさに気づく事が出来ます。

あなたはの中の正しさは何ですか。

 

シーン別28日目の習慣
交渉シーン:「言霊を意識して話す」

日本語が祈り言葉と認識すれば、ネガティブな発言を避けるようになるでしょう。さらに「こうしよう」「一緒にやろう」といったプラスの言霊を意識すれば、実行するパワーが得られます。

オフィスシーン:「挨拶を欠かさない」

「ありがとう」はもちろん、「いただきます」「行ってきます」「ただいま」など、はっきり宣言しましょう。戻った人には「おかえりなさい」。日本語特有の祈り言葉は職場の潤滑剤です。

恋愛のオキテ:「恋人の写真に話かける」

恋愛がうまくいってないときほど、試してみてください。「一緒の時間を増やそう」「本音で話し合おう」など、相手の写真を見ながら話しかけると、やり直す自信がわいてきます。

参考文献「秘密の習慣」はづき虹映著

職場でのあいさつは短い言葉のコミュニケーション。あいさつというコミュニケーションをとる事によって場の空気がなごむことで、仕事の効率も上がるでしょう。

-幸せになるためのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

物事が決められない時にやってみる事

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。 毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。 その状態からなかなか抜け …

no image

自分を継続的に変化させる方法

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。 毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。 その状態からなかなか抜け …

no image

軌道修正する時に気をつけること

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。 毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。 その状態からなかなか抜け …

no image

過去の囚われから抜け出す方法

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。 毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。 その状態からなかなか抜け …

no image

自分に自信をつける方法

数あるブログの中から「幸せな人生を過ごすためのヒント」のブログに訪れて頂いてありがとうございます。 毎日の日常生活の中でチョットして事で落ち込んだり、悩んだりしていませんか。 その状態からなかなか抜け …

カタログビジネス

カテゴリー

*このサイトには、アフィリエイト広告を目的とした記事も掲載しています。